西海岸より

つらつらざつざつと

RubyによるTwitter投稿

Twitter APIをテストするための環境(Ruby)作りをした時のメモ。

環境

デベロッパーキーの発行

  • 必要事項を記載して作成
    • Name: テストアプリの名称(任意でOK)
    • Description: 説明 (任意でOK)
    • WebSite: アプリのサイト(テスト用のためtwitterの自分のアカウントページにしてます)


  • アカウント名->[My applications]->[作成したアプリ]を選択


  • アプリ詳細画面で、[Settings]を選択
    • Application Typeで「Read and Write」を選択して保存


  • [Details]を選択肢し、[Create Access Token]をクリック


  • これで必要な情報がすべてそろう


スクリプトの準備

  • oauthのインストール
sudo gem install oauth
require 'rubygems'
require 'oauth'

# ここに設定値を入力
consumer_key='xxxx'
consumer_secret='xxxx'
access_token='xxxx'
access_token_secret='xxxx'

consumerObj = OAuth::Consumer.new(
  consumer_key,
  consumer_secret,
  :site => 'http://twitter.com'
)

accessObj = OAuth::AccessToken.new(
  consumerObj,
  access_token,
  access_token_secret
)

accessObj.post(
  '/statuses/update.json',
  'status' => 'Hello from test bot!',
  'source' => 'test bot'
)
  • 実行
ruby post2twitter.rb
  • これで「Hello from test bot!」というツイートが投稿されます