西海岸より

つらつらざつざつと

エンタープライズライセンスでのipaファイル作成をコマンドで実行

コマンドのメモ。
エンタープライズライセンスでは、adhocにアプリを配布することができるが、そのためにはアプリをビルドした後に、配布可能なファイルモジュール(ipaファイル)を作成する必要がある。
そのipaファイルがあれば、itunesにドラッグするだけでアプリを認識でき、そのアプリのプロビジョニングがインストールされた端末で、AppStoreを通さず使えるようになる。

通常は、Xcodeのメニューから[ビルド]->[build and archive]という手順でやるのだけれど、そこを自動化しようという試み。
てっきりxcodebuildでできるものだと思っていたけれど違う模様。

  • build-ipafiles.sh
PROJ_NAME="TestEnterprise"  #Xcodeのプロジェクト名
DEVELOPPER_NAME="CompanyName" #ライセンス取得時の開発者名
PROVISIONING_PATH="TestEnterprise.mobileprovision" #アプリのプロビジョニングファイルのパス

/usr/bin/xcrun -sdk iphoneos PackageApplication -v "${PROJ_NAME}.app" -o "${PROJ_NAME}.ipa" --sign "${DEVELOPPER_NAME}" --embed "${PROVISIONING_PATH}"

これを実行することで、実行したディレクトリにxxxx.ipaが作られる。

前提として、アプリのビルドは完了していること。(.appが作られていること)