西海岸より

つらつらざつざつと

JTPAカンファレンス当日

Silicon Valley Conference

明日も早いので、とりあえず印象だった人をピックアップ。

昔から自分でソフトウェアを作って配るという「純粋なギーク」。シリコンバレーで起業してからは実はまだ一年足らずで、まさにこれからという方だ。
懇親会でも別途お話させてもらい、とても大変そうなお話をされていたが、悲観的なことは無く、むしろ楽しくて仕方がないような印象で、山中さんの今のタイミングでお会いすることにとても意味を感じた。起業したてで、これから勝負をして行く姿は一シリコンバレーを目指す側としてとても勇気づけられる存在だ。

  • 石黒邦宏さん

直接お会いしたことは無いが、石黒さんは梅田さんのブログ(天才プログラマーの中身)などを通して知っていて、こういう人にはなれないけど、こういう人が活躍する世界で戦いたいと思えた方。実際に、パネルディスカッションを聞いただけで、天才すぎるプログラマーで、同じ人間とも思えないほどのオーラがあった。「これ(JTPAのパネラー)も早く終わらせて仕事に戻りたい」、ずっとプログラムのことを考え続けているのだろうか。

石黒さんは、「コードを見たらその人がどんなやつかわかる」とおっしゃっていたが、会うだけでも伝わるものがとても多く、「ギークが世界を動かす」、この意味を肌で感じることができたと思う。

多くの方にお話をいただいた中で、エンジニア視点では上記の方は、酔っぱらっていながらも何か強い印象がある。自分にとってそのような方がいる環境が最前なのだろう、改めて自分の本心でテンションがあがる環境を確認できた。